火星

UAEの火星探査機「HOPE」も軌道投入

2021/2/10    , ,

2月10日、UAE(アラブ首長国連邦)初の火星探査機「HOPE」も軌道投入する予定だそうです。   この「HOPE」は火星大気の全容を解明するためのミッションをもち、探査機にはカメラのほか、紫外線スペクトロメーターや赤外線スペクトロメーターを搭載しています。   実はこの探査機は2020年の7月に日本の種子島宇宙センターから打ち上げられました。   何となく親近感がわきますね。   この軌道導入が成功すれば、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、インドに続き、5番目になるそうです。   いろいろな探査機が火星に向かい、ミッションをこなします。   今後の調査に期待が持てますね ...

中国火星探査機 いよいよ軌道投入

2021/2/8    , ,

中国の火星探査機「天問1号」が2月10日、いよいよ軌道へ投入するということです。   現在探査機は地球から1億8000万km離れたところを飛行中で、火星からは約220万km離れた地点にいます。   (Credit: CNSA)   この探査機にはオービターとランダーが備えられ、ランダーにはローバーを搭載。   2021年5月に巨大盆地のユートピア平原に軟着陸する要諦だそうです。   中国の探査機はどんなデータをもたらしてくれるのか、とても楽しみですね。   ※天問1号は中国では初めての火星ミッションで、昨年の7月23日に文昌衛星発射センターから長征5型ロケットで打ち上げられました。   &nbsp ...

2021年 火星探査の3つのミッション

2021/1/12    , ,

火星への探査は2021年もさらに続きます。   今年は火星探査のためのミッションが3つあるようです。   1つ目はNASAの「Perserverance(パーセベランス)」です。   この探査機はNASAとしては5機目となり、2020年7月30日打ち上げられ、今年の2月18日に到着予定。   主なミッションは生命存在の痕跡を見つけることです。   2つ目は中国の火星探査機「天問1号」。   もちろん初の探査機で、今年の4月23日に到着予定です。   オービターとローバーの2台で構成され、13の科学技術ペーロード(積荷)を展開するんだそう。   最後はアラブ首長国連邦(UAE)による火星探査機「ai-Amal」.   別名が「HOPE」で2020年7月20日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、今年の2月に到着予定だそうです。   オービターのみで、火星の周回軌道上を長期間にわたって観測するミッション。   今年もいろいろなミッションが予定されて、楽しみですね。 &nbsp ...

河川のうねを表した全火星地図

2021/1/8    , ,

カルフォルニア工科大学のジェイ・ディクソンさん率いる研究チームは、河川のうねを表した全火星地図を作成しました。   もちろん世界で初めてです。   これはNASAの火星探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」が15年間におよぶ画像データを3年近くかけてつなぎ合わせて作られ、高精密な地図となりました。   今後火星探査に携わる宇宙飛行士や探査機に大いに役立つ、有益なものと期待されているそうです。   膨大な情報をくまなく、そして精密につなぎ合わせて作られた地図、たいへん貴重ですね。   詳しくは「https://sorae.info/astronomy/20210107-mars.html」をご覧ください ...

今日はブルームーンで最も小さな満月

2020/10/31    , ,

今日10月31日はブルームーンとなりました。 どう見てもいつもより小さく感じられる月です。 それもそのはず今年最も小さな満月だからです。 しかもハロウィンの満月で、46年ぶりなんだそう。 そして月のすぐ横に赤く輝く星がランデブーしていました。 ご存じ、火星です。 その後ろには昴が輝いているそうですが、月明かりでよくわかりませんでした。 久しぶりに夜道を歩きながら夜空を見上げ、何か気分がよかったです ...

火星探査機のローバー「Perseverance (パーセベランス)」が降下ステージへの収納完了

2020/5/10    , ,

NASの火星探査機「Mars 2020」に積まれるローバー「Perseverance (パーセベランス)」が火星下降ステージへの収納作業が完了しました。 Credits: NASA/JPL これから下降ステージは探査機本体と結合され。アトラスVロケットに搭載。 このミッションは火星の表面を走行し、岩石や土壌のサンプルを採取して、基礎データを収集することを目的としています。 これから先、有人火星探査への手がかりとなるため、とても重要な任務です。 アトラスV(541)の打ち上げスケジュールは、2020年7月17日~8月5日のうち、気象条件が整った日となっています。 待ち遠しいですね ...

キュリオシティの高解像度パノラマ写真

8年の歳月を費やしたNASAキュリオシティの火星探査機。 この度、昨年の秋に撮影された1000枚以上の画像を合成した高解像度パノラマ写真が公開されました。     (Credit: NASA/JPL-Caltech/MSSS) このシャインはキュリオシティに搭載された望遠カメラ「Mastcam」によって撮影。 何とこのパノラマ写真に使われたピクセル数は18億に達し、830万ピクセルほどの4K解像度と比較すれば、どれだけ高い解像度であるかが分かります。 実に鮮明で、火星の様子が手に取るようです。 NASAの特設ページはこちら(https://mars.nasa.gov/resources/curiositys-1-8-billion-pixel-panorama/?site=msl ...

© 2021 今からここから