日記

2021年 火星探査の3つのミッション

火星への探査は2021年もさらに続きます。

 

今年は火星探査のためのミッションが3つあるようです。

 

1つ目はNASAの「Perserverance(パーセベランス)」です。

 

この探査機はNASAとしては5機目となり、2020年7月30日打ち上げられ、今年の2月18日に到着予定。

 

主なミッションは生命存在の痕跡を見つけることです。

 

2つ目は中国の火星探査機「天問1号」。

 

もちろん初の探査機で、今年の4月23日に到着予定です。

 

オービターとローバーの2台で構成され、13の科学技術ペーロード(積荷)を展開するんだそう。

 

最後はアラブ首長国連邦(UAE)による火星探査機「ai-Amal」.

 

別名が「HOPE」で2020年7月20日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、今年の2月に到着予定だそうです。

 

オービターのみで、火星の周回軌道上を長期間にわたって観測するミッション。

 

今年もいろいろなミッションが予定されて、楽しみですね。

 

-日記
-, ,

© 2021 今からここから