日記

全自動スマート天体望遠鏡 Vesperaがすごい

2021/1/15    , ,

すごい天体望遠鏡「Vespera」の発表(CES 2021 Innovation Award:最優秀賞受賞)がありました。   カメラと望遠鏡が一体化となって、全自動で惑星や星などを追尾しがなら撮影まで行いなます。   昔の望遠鏡は、北極星に軸を合わせて、望遠鏡にカメラを設置して追っかける仕組みです。   ちょっと面倒くさいのですが、この製品はGPSを使い、ボタンを押すだけで済みます。   またオートフォーカスシステムで、焦点合わせも自動、観察したいものをスマホアプリから指定すると、その天体を見つけてくれるのです。   ま〜、なんと楽なのでしょう。   すべてが自動で、悩むことなく目的の天体が観られ、そして撮影まで行ってくれる夢のような望遠鏡ですね。   昔から天体観測を行っている方からすると、「苦労があって初めて感動があるんだ」といわれそうですが。   初めてでも簡単に惑星や星団などが観られるので、天体観測を始める方も多くなるかもしれませんね。   ほんと、脱帽のスマート天体望遠鏡です。   Vespaの仕様は口径は50mm、焦点距離は200mm、解像度は1920×1080px、重量5kgでバックパックに入れて持ち運びできます。 現在Vaonisのウェブショップで、予約購入を受け付けているようです。(https://vaonis.com/vespera:1499ドル ...

2021年 火星探査の3つのミッション

2021/1/12    , ,

火星への探査は2021年もさらに続きます。   今年は火星探査のためのミッションが3つあるようです。   1つ目はNASAの「Perserverance(パーセベランス)」です。   この探査機はNASAとしては5機目となり、2020年7月30日打ち上げられ、今年の2月18日に到着予定。   主なミッションは生命存在の痕跡を見つけることです。   2つ目は中国の火星探査機「天問1号」。   もちろん初の探査機で、今年の4月23日に到着予定です。   オービターとローバーの2台で構成され、13の科学技術ペーロード(積荷)を展開するんだそう。   最後はアラブ首長国連邦(UAE)による火星探査機「ai-Amal」.   別名が「HOPE」で2020年7月20日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、今年の2月に到着予定だそうです。   オービターのみで、火星の周回軌道上を長期間にわたって観測するミッション。   今年もいろいろなミッションが予定されて、楽しみですね。 &nbsp ...

はやぶさ2 人工クレーターからの採取

2020/12/25    , ,

はやぶさ2が持ち帰ったカプセルのうち、人工クレーターからの採取されたものを開封したと発表されました。   それによりますと、前回砂がほとんどでしたが、最大で1cmほどの石があったということです。   画像は下記のサイトでみてください。 https://www.afpbb.com/articles/-/3323227   また砂の重さは合計で約5.4gほどで、目標としていた0.1gを大幅に上回ったんだそう。   そのほかアルミのような人工物も入っており、これは回収装置のカバーではないかと説明がありました。   それにしても大量の資料が採取でき、大満足でしょう ...

衰退しゆく銀河

2020/12/22    , ,

地球から約4000万光年離れた銀河(NGC 1947)は、時間と共に衰退しています。 (Credit: ESA/Hubble & NASA, D. Rosario) NGC 1947という銀河は、ほぼ200年前に発見され、渦巻腕を持たない珍しいレンズ状銀河です。   もともとレンズ状銀河は星の材料となるガスやチリが乏しい銀河で、このNGC 1947もその1つ。   その中心から周りにある特徴的な渦巻腕からほとんどすべてのガスと塵を失い、今では細く引き延ばされたいとのようなガスの雲が取り巻いています。   ここ状態では新たな星が誕生する可能性が低いため、衰退し続けるそうです。   何となく寂しく見える銀河ですね ...

Chrome OS似のCloud Readyが提供開始

2020/12/19    , ,

Windows、MacOS、Linaxという一般的に知られているほかに、Chrome OSというものがあります。   現在ハードウェアとともに提供されますので、単体で購入はできません。   このOSの特徴は起動が速い、Officeなどのソフトウエアが必要がなく、常に自動で最新バージョンにアップデート、そして強固なセキュリティなどが有名です。   今回、このOSとほぼ同じ機能(Chrome OS似)のCloud Readyが提供されるそうです。   現在数多くの教育機関や企業、個人ユーザーなどにサービスの提供があり、管理システムがとてもシームレスなんだそう。   いずれChrome OS製品になるようです。   ただいくつかの制限があったり、Googleからの公式発表はまだありません。   それにしてもブラウザのGoogle Chromeで簡単な作業がほぼ済んでしまうなんて夢のようですね ...

リュウグウから持ち帰ったカプセルに試料確認

2020/12/15    , ,

リュウグウから持ち帰ったはやぶさ2のカプセルが開封されました。   このカプセルは1回目の着陸で採取した砂で、小さじ1杯ほどの黒い砂(試料)を確認したと発表。   重量は思いのほか多く、期待を超える量ということでした。     人工クレーター近くでの、着陸による2回目の採取分については年明けに開封されるそうです ...

海底下1200mで120度の高温で生きる微生物発見

2020/12/5    , ,

海洋研究開発機構などのチームが、高知県の室戸岬沖の海底下約1200mの掘削調査を行っているとき、ある微生物を発見したそうです。   それによりますと、そこは約120度の高温と高圧という状況下。   それでもしっかりと生きているといいます。   特殊な生物の仲間とみて、その種の特定を進めているんだそう。   &nbsp ...

© 2021 今からここから