eno

2021年の中秋の名月

2021/9/23    , ,

2日前の話に貼りますが、2021年の中秋の名月は8年ぶりとなる満月でした。   もともと「中秋の名月」は太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指すそうです。   また農業行事と関連があり、「芋名月」と呼ばれることもあり、平安時代に中国から伝わったと言われています。   さて中秋の名月はいつも満月と思いそうですが、実はずれることがあるようです。   これは中秋の名月は太陰太陽暦によって決定されるのですが、月の公転軌道が楕円形のため、新月から満月までにかかる日数が13.9日から15.6日と変化することから、必ずしも満月というわけではないんだそう。   ちょっとむずかしい話ですが。何はともあれ、空を見上げて真ん丸な月を見るのも、けっこう気分がいいですね ...

宇宙の果てはどこまで?

「宇宙の果てはあるのか?どこまで広がっているのか?」など興味がありますね。   今年1月、国際研究チームは地球から最も遠くに輝く天体「クエーサー」を発見しました。   その距離は何と131億光年(諸説あります)。   1光年は光が1秒間にすすむ距離約30万kmの1年分の距離です。   宇宙ができて138億年前とされていますので、誕生して約7億年経った天体となります。   まだだれも宇宙の果てを見たり、観測したりした人はいません。   今後さらに研究が進めば、「果て」が分かるかもしれませんね。   (南米のアーティスト、パブロ・カルロス・ブッダシ氏が制作した宇宙の地図 ...

火星探査機Perseveranceが岩石初採取

2021/9/7    , ,

NASAの火星探査機Perseveranceが岩石サンプルを初採取視しました。   Perseveranceの車載されているカメラにはサンプルの保管容器を撮影。             Credit: NASA/JPL-Caltech   サンプルは無地に容器に密閉されて、保管されているそうです。   早ければ10年後に火星の地表岩石サンプルが届く予定なのだそう。   初の火星岩石が間もなく手に入るんで寸ね。   待ち遠しいです ...

no image

プラネット・ナインが1〜2年で発見?

2021/9/5    , ,

プラネット・ナインとは太陽系外縁に存在すると提唱されている大型の天体の仮称です。   これが天の川の中に、そして99.6%存在するといいます。   そしてその発見までに1〜2年?と予測を立てたのは米カリフォルニア工科大学の天文学者であるマイク・ブラウン氏。   そしてその惑星は地球の質量の約6倍である可能性が高く、岩石惑星かそれとも海王星より小さなガス惑星と言われています。   いずれにせよ、新しい惑星が見つかるのはもうすぐということでしょう。   早く見つけてほしいものですね。   期待が膨らみます。   関連書籍にはこんなものもありますので、興味があれば読んでみてください。 ビジュアル 銀河大図鑑 [ クリス・ハドフィールド ] ...

宇宙飛行士 星出さんの船外活動

現在、国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士 星出彰彦さんが船外活動を行うそうです。   今月24日の夜〜25日未明(日本時間)で、通算4度目。   内容は太陽電池の設置に向けた架台の取付などで、6時間50分ほどの作業ということです。   無事成功することを祈っています ...

小惑星ベンヌの地球衝突確率

2021/8/18    , ,

小惑星ベンヌは平均直径500mで、地球に対し、衝突の危険性が高く、潜在的に危険な小惑星に分類されています。   (Credit:NASA)     これまでの予測では、衝突する確率は2200までに2700分の1とされていましたが、今回の分析の結果、2300年までに1750分の1になりました。   これは小惑星など小さな天体の軌道は、惑星の重力やヤルコフスキー効果(太陽光による放射熱の強さが場所によって異なり軌道が変化する現象)により、短期間で変化するためだそうです。   ただこの軌道は今後どう変化するか分からないため、注視が必要ですね。   &nbsp ...

2021 ペルセウス座流星群の極大日

2021/8/14    , ,

2021年、この夏の天体現象といえば、ご存じの「ペルセウス座流星群」です。   8月13日午前4時ころ、極大日を迎えました。   そして8年に1度の好条件ということで期待大ですね。   ただ全国的にお天気はよくなく、残念か結果だったのではないでしょうか。   しかし1週間ほどは多く流れますので、まだ見る機会はありますよ。   国立天文台の8月13日の星空を参考に放射点を探してみてください。   (クレジット:国立天文台 ...