科学

火星周回軌投入成功

先日お知らせしました、火星軌道投入ですが、中国とUAEどちらも成功といううれしいニュースです。

 

探査機はアラブ首長国連邦(UAE)のHOPE」(アル・アマル)と中国の「天問1号」。

 

「HOPE」は火星を55時間で一周する軌道で、火星の大気の観測を開始します。

 

ミッション計画は2年ですが、延長も予定しているそうです。

 

また「天問1号」は今年5月から6月にかけて着陸予定。

 

そのほかNASAの「Perseverance」は2月19日に火星到着、そしてジェゼロ・クレーターに着陸する予定です。

 

それぞれの国がいろいろな火星のデータから分析し、新たな発見があることでしょう。

 

楽しみはこれからですね。

-科学
-, ,

© 2021 今からここから