科学

中国火星探査機 いよいよ軌道投入

中国の火星探査機「天問1号」が2月10日、いよいよ軌道へ投入するということです。

 

現在探査機は地球から1億8000万km離れたところを飛行中で、火星からは約220万km離れた地点にいます。

 

(Credit: CNSA)

 

この探査機にはオービターとランダーが備えられ、ランダーにはローバーを搭載。

 

2021年5月に巨大盆地のユートピア平原に軟着陸する要諦だそうです。

 

中国の探査機はどんなデータをもたらしてくれるのか、とても楽しみですね。

 

※天問1号は中国では初めての火星ミッションで、昨年の7月23日に文昌衛星発射センターから長征5型ロケットで打ち上げられました。

 

 

-科学
-, ,

© 2021 今からここから