自然

思わぬ誤算とうれしい結果

NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」に思わぬ誤算。

(Image: NASA/Johns Hopkins APL/Naval Research Laboratory/Guillermo Stenborg and Brendan Gallaghe)

それは探査機が金星からの距離1万2380kmに近づいたときとらえた写真です。

 

もともと金星は分厚い雲に覆われているため、地表まで写るはずはありません。

 

しかしWISPRのカメラは雲を突き抜け、金星表面の熱放射をとらえていました。

 

その場所はアフロディーテ大陸。

 

NASAの科学者達も想定外のうれしい結果となったようです。

 

写真に写っている雨のような線は宇宙線粒子で、金星の縁が明るく見えるのは大気発光と呼ばれる現象。

 

 

-自然
-, ,

© 2021 今からここから