日記 自然

微小動物「ヒルガタワムシ」を蘇生・増殖に成功

ロシア研究チームの論文が7日、米科学誌カレント・バイオロジーに発表されました。

(Credit:Michael Plewka)

それによりますと、ロシア極東・シベリアの永久凍土で2万4000年間の間凍結されていた微小動物「ヒルガタワムシ」を蘇生、そして増殖に成功したということです。

 

試料はアセゼヤ川で採掘装置を用いて採取され、放射性炭素年代測定により、2万3960~2万4485年前のものであることを確認。

 

以前には単細胞・多細胞生物が3万年前の微生物が蘇生した例や、数千年前のコケなどの植物が復活した例があります。

 

今回の蘇生により、また1つ微生物の例が増えたことになりました。

 

何万円前の生物が現世で復活するなんて、夢のようですね。

-日記, 自然
-, ,

© 2021 今からここから