日記

ふたご座流星群、13日、14日が見頃

今年もやってきました、ふたご座流星群です。

国立天文台によりますと、12月14日21時頃に極大期を迎えるそうです。

夜中というよりは明け方の方が飛びやすいといいますが、どうでしょう。

また望遠鏡や双眼鏡での観測は避けて、視野の広い肉眼での観測がよろしいかと。

さらにいいますと、都心よりも暗いところのほうがベストですが、冬の寒さが身に応えます。

しかしここは一つがんばらないといけないでしょう。

よく見えますように。

※国立天文台では、「ふたご座流星群を眺めよう 2018」のキャンペーンを行っています。興味のある方は下記の特別サイトにいってみてください。

https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201812-geminids/

-日記

© 2020 今からここから