天体現象 日記

15年ぶりの大接近の火星を見よう

火星の軌道からすると、約2年2ヶ月ごとに地球に接近する火星。

今年は15年ぶりの大接近。

その火星を見ようというイベントが、東京・六本木ヒルズ展望台の東京シティビューで行われるそうです。

期間は7月27日(金)〜8月3日(金)。

天文の専門家の解説や高性能望遠鏡での観望があります。

その他にも8月1日(水)・2日(木)に、千葉市の豊砂公園でも火星観望会が開催されるそうです。

「火星接近 観望会」でググると、いろいろな観望イベントが見つかります。

久しぶりの大接近の火星を見ようと、各地で火星観望イベントがあるんですね。

自分もよく望遠鏡片手に山に行って星を見たり、太陽観測を行ったりしたことを思い出します。

天体って何かロマンを感じるんですよねぇ。

-天体現象, 日記
-, ,

© 2020 今からここから