天体現象

地球に最接近する観測可能な小惑星

4月29日に地球に最も接近する小惑星が「52768(1998OR2)」。

 

 

 


(/Arecibo Observatory/NASA/NSF)

地球から約630万kmで、時速は3万㎞以上だそう。

小惑星の大きさは約2kmと巨大です。

そのため望遠鏡を使うと観測ができるんだそう。

地球への衝突はないそうですが、もし衝突したらたいへんな事態になるでしょうね。

-天体現象
-, ,

© 2020 今からここから