日記

太陽から最も離れた太陽系の天体を発見

投稿日:

国際天文学連合は、太陽から最も遠く離れた太陽系の天体を発見したを発表しました。

「2018 VG18」と命名されていますが、ファーアウト(愛称)と研究者たちは呼んでいるそうです。

このファーアウトは、地球からの距離180万kmという遠く離れた星。

太陽までの距離が1億5000万kmですので、100倍以上離れていることになります。

そして公転周期(太陽を1周する期間)は1000年以上。

とんでもない時間をかけて回っていることになります。

さてこのファーアウトは直径が約500kmで、色はピンク。

この色から、どうやら氷で覆われているからではないかと考えられています。

まだ謎の多い天体なので、これから観測によっていろいろなことがわかってくるそうです。

実はこの天体、日本のすばる望遠鏡が発見しました。

すごいぞ、すばる。

※すばる望遠鏡:1999年に建設された日本国設です。8.2mの光学赤外線望遠鏡で、標高4,200mのハワイ島・マウナケア山頂に設置されています。

国立天文台 すばる望遠鏡

-日記

Copyright© 今からここから , 2019 All Rights Reserved.