隕石

昨年発見された隕石に秘められた期待

2021/3/28    , ,

2020年5月にアルジェリアで発見された隕石「Erg Chech 002」が、これまで見つかった隕石の中で最古となる太陽系初期の火成岩であると発表しました。   これを発表したのは国立極地研究所の山口亮氏らの国際研究グループです。   (Credit: 国立極地研究所)   分析された結果、この隕石は45億6500万年前に噴出した溶岩が固まったもので、太陽系誕生直後の安山岩だそうです。   現在では安山岩は床にでもある岩石ですが、隕石としては稀で、これまで数個しか見つかっていないんだそう。   このことから考えられたのは太陽系初期の点たいでは、安山岩質の溶岩が普遍的に存在していた可能性があるということです。   またこの隕石と同様の分光学的特徴を持っている小惑星は、現在太陽系には見当たらない理由として、当時あたり前に存在していた安山岩が衝突によって粉砕され、惑星などの材料になったためではないかと考えています。   最古の隕石に秘める太陽系の形成には、まだまだいろいろなことが発見される期待が盛りだくさんかもしれませんね。   自分は隕石と縁がありませんが、「隕石の見かた・調べ方」という本がありますので、ご参考にして下さい。 隕石の見かた・調べかたがわかる本 (藤井旭の天体観測入門) [ 藤井旭 ] ...

リュウグウの岩石サンプルに匹敵する隕石

2021/3/9    , ,

2月28日に英国や欧米で観測された火球による隕石が落下していることが分かりました。   その隕石はおよそ300gで、良好な状態で回収され、質・量ともにはやぶさ2が持ち帰ったリュウグウの岩石サンプルに匹敵するといいます。 The Trustees of the Natural History Museum またこの隕石を構成する炭素質コンドライトは太陽系の中でも原始的で純粋な物質といわれ、生命の源となる有機物とアミノ酸を含んでいるのだそうです。   この隕石は分析され、さらなる解明へと進んでいくといいですね ...

大きな流星(火球)関東に出現

2020/7/2    , ,

7月2日今朝、午前2時半ころ関東や東海上空に大きな流星(流れ星)が目撃されたそうです。 しかも爆発音もあったとの証言もあり、専門家によると火球と判断。 ただ爆発音はかなり珍しいことのようで、あまりないそうです。 これ、燃え尽きていれば惨事にはならなかったものの、そのまま落ちていたらたいへんなことになっていたは違いありません。 推測では50cm程度のようですが、それ以上だと燃え尽きず隕石として落下なんてことになってしまうのでしょう。 怖いことです ...

小惑星リュウグウの意外な岩石

2020/3/18    , ,

小惑星探査機「はやぶさ2」の赤外線カメラで調べた、リュウグウノ表面温度は±50℃前後。 これは地球で見つかった隕石と比べると、温まりやすく冷めやすいということが分かったそうです。 さらに岩石にはすき間が多く、どうやらつまんだら砕けるくらいスカスカらしいことが分かったんだそう。 これによりリュウグウができた過程の解明に繋がると、イギリス科学誌「ネイチャー」にJAXAが発表しました。 何か固いイメージがあるけれど、意外な結果にちょっと驚きです。 <リュウグウの表面温度で、太陽が当たる南半球部分が温度が高い(JAXA) ...

© 2021 今からここから