人工衛星

宇宙ゴミの回収

2020/12/17    , ,

宇宙には宇宙ゴミと呼ばれる「スペースデブリ」が地球の軌道上にたくさんあります。   このスペースデブリを回収しようと、宇宙ベンチャーのアストロスケールホールディングスが実証実験を行います。   来年の3月に人工衛星を打ち上がると発表し、これに成功すれば日本初、いや世界的にも例をみないそうです。   回収用の衛星は「ELSA-d(エルサディー)」と呼ばれ、大きさは縦横60cm、奥行き110cmの箱形で、重量は175kg。   回収は磁力で引きつけ、回収後はデブリと一緒に大気圏に再突入させて焼却するそうです。   この実験は複数回行われ、実験後は大気圏で焼却処分されます。   ものすごい数のゴミをこれまでそのままにしてきましたが、これが成功すればずいぶんゴミも減らすことができそうですね ...

© 2021 今からここから