天体現象

はやぶさ2のカプセルが日本に到着

はやぶさ2のカプセルは12月7日の夜、チャーター機でオーストラリアを出発。   そして本日8日、日本に到着し、相模原市のJAXA宇宙科学研究所に運ばれました。   その後は地球の大気に触れない厳重な密閉装置内で開封し、石や砂などの有無を確認するそうです。   試料採取はおよそ1g程度と言われています。   すでにコンテナに小さな穴を開けてガスを検出し、そのガスは宇宙に由来する可能性は高いといわれていますが、リュウグウ起源のガスかはまだ分からないそうです。   カプセルは半月後に開けられ、来年6月ころから本格的な研究が行われます。   詳しい研究が進めば、宇宙の起源が明らかになるのかと思うと、ワクワクしてきますね ...

はやぶさ2のカプセル 無事帰還そして回収

2020/12/6    , ,

12月6日未明、はやぶさ2のカプセルが無事、地球に帰還し、回収されました。     おめでとうございます。   そしてこのカプセルの中に、46億年前に太陽系ができた痕跡があるとされ、生命の起源が明かされる手がかりになるのでは?、と期待されています。   この砂はさまざまな研究機関にサンプルが渡されるのだそうです。   期待感マックスですね。   本当に楽しみです ...

はやぶさ2 まもなく帰還

2020/11/30    , ,

小惑星探査機の「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の任期を終え、まもなく帰還します。 「はやぶさ2」は2018年6月27日に到達し、2度のタッチダウンや人口クレーター生成などの数々のミッションを成功してきました。 いよいよ12月6日、カプセルを地球に投下予定です。 まだ予断を許さないと言われていますが(投下や大気圏突入の角度など)、無事に成功して欲しいですね。 そして「はやぶさ2」はその後新たなミッションをこなすための旅に再び出発。 休みなく働く「はやぶさ2」に脱帽です。 「はやぶさ2」の舞台裏が印された本が出版されています。興味のある方はぜひどうぞ。 はやぶさ2 最強ミッションの真実 (NHK出版新書 639 639) [ 津田 .. ...

アメリカ版「はやぶさ」の探査機「オリシス・レックス」が小惑星に着陸成功

2020/10/21    , ,

アメリカ版の「はやぶさ」の探査機「オリシス・レックス」が小惑星「ベンヌ」に着陸成功しました。       (資料:NASA) ベンヌは地球からおよそ3億3000km離れていて、大きさは直径500mほどです。 岩石採取は最大1kg以上を目標としています。 NASAはこれを持ち帰ることで、約45億年以上前の化学物質の証拠が発見される可能性があるそうです。 地球帰還は2023年の予定です。 かなり楽しみですね ...

ペルセウス座流星群が今日ピーク

2020/8/12    , ,

8月12日の今日、ペルセウス座流星群がピークなんだそう。 何と1時間に最大30個流れるそうです。 東京では北東と北北東の間にあるペルセウス座を中心に四方八方に流れます。 運がよければたくさんの流れ星が見られそうですね ...

大きな流星(火球)関東に出現

2020/7/2    , ,

7月2日今朝、午前2時半ころ関東や東海上空に大きな流星(流れ星)が目撃されたそうです。 しかも爆発音もあったとの証言もあり、専門家によると火球と判断。 ただ爆発音はかなり珍しいことのようで、あまりないそうです。 これ、燃え尽きていれば惨事にはならなかったものの、そのまま落ちていたらたいへんなことになっていたは違いありません。 推測では50cm程度のようですが、それ以上だと燃え尽きず隕石として落下なんてことになってしまうのでしょう。 怖いことです ...

半年ぶりの部分日食

2020/6/22    , ,

6月21日の夕方、部分日食がありました。 昨年の12月26日以来ですので、半年ぶりです。 しかし関東ではくもり、残念ながら見ることはできませんでした。 次回日本で日食が見られるのは2023年4月20日です。 あと3年我慢ですね ...

© 2021 今からここから