「日記」 一覧

no image

天の川銀河は横から見るとS字にねじれていた

2019/08/06   -日記

我々が住む、天の川銀河は今までまっすぐな球状星団の形をしていると考えられてきました。 こんな感じです。 しかし、ポーランド、ワルシャワ大学のドロタ・スコーロン氏のチームが「横から見ると天の川銀河はS字にねじれている」と学術誌『サイエンス』に発表しました。   むずかしい話ですが、2000個以上の変光星をマッピングしてつくった新しい地図殻割り出したそうです。(かなりはしょった説明になりましたが) これによりますと、銀河の中心から太陽まではまっすぐですが、このあたりから平面の一方は上向きに、他方は下向きに曲がっているのだそう。 そして、縁に近くなると、銀河の形はさらに崩れ、幅は500光年から3000光年以上になり、曲がりは、銀河面から上下に5000光年も離れたところにも、生きた恒星があるということです。 (J. Skowron / OGLE / Astronomical Observatory, University of Warsaw) 今までの概念を大きく覆す新発見ですね ...

小惑星からの地球防衛軍

2019/08/03   -日記
 , ,

先日遭遇した小惑星と地球とのニアミスですが、地球に近づく小惑星は一体誰が見つけているのでしょうか? どうやらNASAをはじめ、ヨーロッパではESA、日本ではJAXA、ロシアではRoscosmosなどの世界の宇宙機関が研究やプロジェクトを行っているようです。 では今後地球に大きな影響を及ぼす小惑星は遭遇するのかといいますと、数百年の間にはないということ。 ただ小さな小惑星が地球に接近する可能性は否定できないとも。 人知れず地球防衛軍がいるなんてなにか素敵です。 安心して暮らすことができるのは、このような方々がいるからですね ...

アポロ11号の50周年を記念して行われているアプリセール

アポロ11号が月面着陸に成功したのは、1969年7月20日です。 これを記念してスペースシャトルのシミュレーターアプリ「F-Sim Space Shuttle」が破格のセールを開催中。   価格は通常500円がなんと120円! シミュレーターが好きな方は一度訪れてみてください。 AndroidでもIOSでもどちらでもアプリはあります。 Google Play ギフトカード 3000 ...

Googleアシスタントでも人が聴いていたことが判明

2019/07/15   -日記
 , ,

今年4月にAmazonのAkexaの録音内容を従業員が聴いていた、という問題から程なく、Googleでも一部の会話を人が聴いていたことが判明しました。 実は音声アシスタントの機能向上のため、AIが処理する業務を人が肩代わりしていたということです。 この録音は「オーケー、グーグル」などで起動するときの内容ではなく、これに近い言葉掛けでたまたま起動したときに行われていたようで、Googleは、このような音声の録音はユーザーアカウントに関連付けられていない、また会話などはテキスト化しないようにとの指示を出していたようです。 ただ個人情報や機密情報なども含まれていると指摘されていますが、これらの内容についてGoogle側は説明をしていません。 いずれにしても機能向上とはいえ、内容の一部を録音しているという説明は必要だったのかもしれませんね ...

リュウグウとはこんな天体

はやぶさ2が探査した「リュウグウ」とはどんな天体なのでしょうか? 改めて調べて見ました。 リュウグウはち地球から約3億km離れた小惑星(自分で光を出さない小さな天体)で、地球に接近する軌道をもつ地球接近小惑星のひとつです。   <リュウグウとイトカワ、そして惑星との軌道> (資料:JAXA)   大きさはわずか900mほどで、アラブ首長国連邦の「ブルジュ・ハリファ(830m)」とほぼ同じ。 今後ははやぶさ2の探査によってより詳しい情報が提供されることでしょう。   次はリュウグウノ立体視画像です。 これはクイーン(Queen)のギタリストであるブライアン・メイ(Dr Brian May)さんによるリュウグウの立体視画像。 (元のリュウグウ画像のクレジットは、JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研) たいへん貴重な画像、ありがとうございます。 ...

はやぶさ2 2回目のタッチダウン成功

小惑星リュウグウの探査機はやぶさ2は今日の午前11時ごろ、リュウグウの表面に2回目のタッチダウンを成功させました。   リアルタイム映像の管制室では、ミッション成功に抱き合ったり、握手したり笑顔がありました。 本当におめでとうございます。 <はやぶさ2がタッチダウンの瞬間の画像:JAXA>   はやぶさ2は今後、5大学共同チームが開発した小型探査ロボットを投下。 そして11〜12月ごろリュウグウを離れて地球に向かう予定だそうです。   ぜひ無事に帰ってきて欲しいですね ...

太陽系の物質組成でない新しいい太陽系外惑星発見

2019/07/10   -日記
 , ,

太陽系は水星から始まって海王星までを言います。 これらの惑星はいくつか分類をされますが、物質組成で分けた場合、地球型惑星、木星型惑星、天王星型惑星の3つに分けられます。 今回カナダ・モントリオール大学などから構成される研究グループは、太陽系外惑星「GJ3470b」には、大気酸素や炭素等の重元素が不足していることが突き止めました。 このことから新たな惑星の分類となりそうです ...

Copyright© 今からここから , 2019 All Rights Reserved.