「 天体 」 一覧

13日 ペルセウス座流星群が極大日

1時間に平均50個と言われるペルセウス座流星群。 明日8月13日16時は極大日と予想され、たくさんの流星が見られる可能性があります。 しかしこの時間はまだ空も明るいため、ちょっと見にくいでしょう。 そのため未明から朝方を狙うのがよいのではないでしょうか? 台風10号が近づいていますので、見られない場所もあるかもしれません。 それでは、よい流星観測ができますように。 (資料:国立天文台) ...

大接近の火星 大きく輝く

2018/08/01   -天体現象, 日記
 , ,

昨日は火星が大接近の日でした。 久しぶりに夜空を見上げ、火星を見たとき「大きく輝いてるなぁ」と思わず口から漏れてしましました。 普段ならちょっと赤っぽく輝いているだけですが、かなり大きいことが肉眼でもわかりました。 望遠鏡を出してみれば、きっと模様まで見れたのでしょうが、屋根裏の奥の方にしまってあるため、億劫でやめてしまいました。 次回はちゃんと用意したいと思います。 スマホですが一応撮っておきました ...

火星が15年ぶりに大接近で見頃

2018/07/21   -日記
 , ,

最近夜空に輝く赤く光る星が目立ちます。 そう、火星です。 この火星が、2018年7月31日、15年ぶりに大接近し、見頃です。 その距離、地球から何と5,579万キロメートル。 え?遠すぎ? ですよね。 でも天文的にはかなり近い距離なんです。 前回の大接近は、2003年で5,576万キロメートル。 このときも大きな話題となりました。 さて、火星の大接近にいろいろなイベントがあります。 例えば、東京・六本木ヒルズの「東京シティビュー 屋上スカイデッキ」では、7月27日(金)から8月3日(金)まで8日間、望遠鏡を設置して、東大や国立天文台の専門家が解説してくれるイベントです。 時間は20:00から22:00まで(最終入場21:30)。入場料は一般2,300円。 望遠鏡で火星を見ながら解説してくれるって、とてもありがたいですね。 また、望遠鏡を片手に(片手では持てませんが)ちょっとした高い山に登れば、満天の星の中、火星観測ができます。 望遠鏡を持っていないなら、こんなものはどうでしょう? お手軽でリーズナブルな望遠鏡です。 【送料無料】 ビクセン 天体望遠鏡 「スターパル」50L 【メーカー直送・代金引... 本格的なものが欲しい方は、これなんていかがでしょう。高倍率が最高です。 【7/31 23:59までポイント10倍】【即配】KENKO ケンコー天体 望遠...   2000m級の山で火星を満喫したいという方には長野県の野辺山が最適ではないでしょうか? 例えばリーズナブルで犬や猫も一緒に泊まれる人気の旅館はこちらです。 高原旅館 野辺山荘 いずれにしてもこの機会を逃さないようにしたいですね ...

リュウグウの生い立ち

今日JAXAは小惑星リュウグウの生い立ちを発表した。 それは「壊れた天体の破片が集まってできた可能性がある」ということでした。 リュウグウには岩がかなりたくさんあるということで、より大きな天体が破壊して、その破片が集まってできた証拠ではないかといいます。 へ〜、としか言えませんが、なるほどと納得しました。 これからドンドンいろいろなことがわかってきそうで楽しみです ...

7月16日の海の日に天体ショー

2018/07/16   -天体現象
 , ,

今日は海の日。 暑い日が続いていますが、夕暮れ時、西の空に細い三日月が金星に寄り添う天体ショーが2時間ほど見られます。 ちょっと涼しくなった夏の夜に、ホット一息ついてみてはどうでしょう ...

恒星間小惑星 オウムアム

2017/11/24   -天体現象
 , ,

当初、この物体は太陽系内から来た彗星か小惑星と考えられていたそうですが、軌道を調べた結果恒星間から来たことが判明したそうです。 そのため、恒星間小惑星「オッドボール」と呼ばれていたようです。 この物体は、細長い葉巻のような形をしていて、長さが400m、7.3時間の自転周期を持ち、時速13万8000キロの超高速で移動し続けているのだそう。 表面の色は、何百万年もの間、宇宙線の放射線にさらされてきた影響で、ダークレッドだといいます。 国際天文学連合は、「遠い過去からたどり着いた使者」というハワイの意味の「オウムアム」を正式名としました。 オウムアムのイメージ画 (出展:https://www.space.com/38838-interstellar-asteroid-oumuamua-space-cigar.html) 今後、ハッブル宇宙望遠鏡やスピッツァー宇宙望遠鏡を利用して、太陽系から離れていくこの天体の観測を続けていくようです ...

Copyright© 今からここから , 2019 All Rights Reserved.